ウィークリーマンションでビジネス

Business leader looking at camera in working environment
 

経済の成長に伴い、今では毎年、海外からたくさんのビジネスマンが日本を訪れるようになりました。

外国人が集うビジネスミーティングでは、技術に関する情報交換や、貿易の拡大、コスト削減のために縮小すべきポイントなど様々な議題にそって議論が交わされます。

そこで、気になるのが日本に滞在する際の外国人の宿泊施設です。

今日はビジネス出張の外国人にぴったりのビジネスホテルよりも安く、快適な生活を送る事ができ“ウィークリーマンション”に焦点をあてて解説しましょう。

 

☆慣れない土地でも大丈夫!日常生活の延長のような充実の設備とは

現代社会の経済を担う代表的な都市といえば、世界最大の証券取引所があるアメリカのニューヨークを筆頭に、イギリスのロンドンや急成長をとげるアラブ首長国連邦のデュバイ、そして日本などが挙げられるでしょう。

狩猟民族であった欧米人は農耕民族であったアジア圏の日本人に比べ、議論の協調性よりも、どれくらい獲物をしとめたか…いわば、成果や結果にこだわります。

わざわざ外国から海を越え、時差ぼけの頭で会議に臨むなんてとんでもない!いつでも最高のコンディションでビジネスミーティングに出席しようとするのです。

そこで最近、ビジネスホテルにかわって、人気が出ているのが、ウィークリーマンションといえるでしょう。

メリットとしてあげられるのは、通勤路線上に位置する駅近な利便性です。
異国の地でとまどいやすい土地柄でも、徒歩5分圏内という利便性の高い立地や、バスやタクシーなど電車以外の交通網が充実しているので、不慣れな道に迷う事なく、通勤時間を大幅に短縮する事ができます。

また、生活に必要な家具や電化製品が備っているので、スーツケース一つで、到着したその日から、新しい生活の快適なスタートを切ることができるでしょう。

 

☆忙しいビジネストリップでも、身体に必要なビタミンやパワーがとれる!

1週間以上の滞在ともなれば、外食にも飽きてくる頃….ビジネスではパワーランチに代表されるようなミーティングを兼ねた会食が度々あります。
食事タイムという時間を有効に使いながら、仕事の打ち合わせや 、人脈を広げるのがこのランチのテーマの趣旨とも言えるでしょう。
しかし、長期に渡りグルメでリッチなテイストをとり続けていると胃もたれをおこしてしまったり、栄養のバランスの欠如から、バランスを崩してしまったりと、身体の不調の原因となりかねません。

ウィークリーマンションなら、簡単な自炊ができるキッチン設備が整っているので、ビタミンたっぷりの野菜を一品添える事ができます。

また、帰ったら眠るだけという、ベッドだけが部屋の真ん中にドーンとあるビジネスホテルに比べ、リビングやダイニングなど仕事から離れたリラックスタイムを楽しむゆとり空間があり、次の仕事に向けてのパワーが充電できるでしょう。

 

☆ウィークリーマンションのストレスフリーな環境とは?

日常のストレスは、普段の行動に大きく影響します。
得に外国人の場合は慣れない土地での食生活や住環境、言葉の壁というのもストレスの原因になりがちです。
ビジネスの現場で、能力や技量が備わっているのに、ストレスのせいで十分な力が発揮できないなんて悲しいですよね。

その点、ウィークリーマンションなら会社の現場を離れても、自宅のようにゆっくりくつろげ、仕事から離れた余暇の時間を楽しむ事ができます。
ネット環境も充実しているため、海外に残してきた家族や友人とスカイプを楽しむなど世界中とつながる事ができ、国境を越えた遠距離を感じる事なくストレスの解消ができるでしょう。



コメントは受け付けていません。