ウィークリーマンションの建物構造

女性ー1
 

マンションは集合住宅です。そのため、どうしても気になるのは周り近所の“生活音”ではないでしょうか?

『上の階の足音が…』とか、『下の階からドアを開け閉めする際の響くような振動音』など、耳についてしまうことはありませんか?

静かな都会暮らしを夢見ていたのに、これでは本末転倒ですよね。

そこで今日は、最近話題のウィークリーマンションの建物構造は、どのようになっているのか解説していきます。

 

 

☆ウィークリーマンションの建物構造とその特徴

一口に建物構造といっても、その土台となる材料でいくつかの種類に分けることができます。

例えば、昔ながらのアパートはほとんどが木造でできていました。2階建という構造が多く、遮音性もないため、隣近所の声は筒抜け状態。単なる仕切り程度の壁ではプライバシーも保たれなかったのです。

このアパートに対し、最近のマンションは鉄筋コンクリートの建物構造が多くなっています。気になるドアの開け閉めや、歩くことによる振動をできるだけ抑える遮音性も構造上、重要視されるようになりました。

また、地震国とも言える日本では、タワーマンションのような安心の耐震構造がウィークリーマンションにも取り入れられています。揺れを吸収しながら、頑丈な柱や梁で地震に耐えうる強度を保ってくれる優れた技術が標準仕様として施工されているのです。

 

 

☆ウィークリーマンションの大型。ファミリータイプって何?

ウィークリーマンションといえば、ビジネスホテルのように出張などで単身による利用者が多く、シングルの小型タイプの部屋や間取りが一般的でした。

しかし最近では、ファミリーでコンドミニアムのように滞在するケースもあり、大型タイプの間取りの需要も増えてきています。備え付けの家具やキッチンもついているので、外食ばかりに頼ることなく、普段の生活を楽しみながら旅行気分まで味わえてしまうのがこのファミリータイプのメリットといえるでしょう。

最近では家を建て替えする時やリフォームの際の仮住まいとしてウィークリーマンションを利用する人も増えているそうです。

インターネットの接続や洗濯機、中には駐車場まで完備している物件もあり、引越しのような煩わしい手続きや敷金、礼金などもいらないため、時間やお金を節約したい人には好都合といえるでしょう。

 

☆外国人も安心して利用できるウィークリーマンション!申し込みはどうやってするの?

外国人にとって異国の地で、安心して生活できる物件を探すのは意外と難しいものです。

海外では日本のような敷金礼金のシステムがないので、その点でも困惑や不安を感じてしまうでしょう。そのため、最近では東京を中心としたビジネス街で、日本人だけでなく外国人も対象にした1〜2週間からの短期滞在可能な家具付きのウィークリーマンションが増えてきています。日常生活に不可欠なインターネット料金や光熱費は賃料と別になることがありますが、それでも都心のホテルを利用するよりも低予算で滞在できるでしょう。

契約については個人契約と法人契約があります。

海外からでもEメールや電話での問い合わせができ、ネット上で入居申し込みが申請できます。

個人契約の場合、滞在者が安心して利用するために、入居審査をするのが一般的で、審査には2日間ほど時間がかかるでしょう。英語での対応もあるので、ある程度決まった予算内で滞在先を探している人にはオススメです。



コメントは受け付けていません。